0コメント

【X-Fourteen】インプレッション

どうも僕です。

今回はSHOEIが生んだ最高のヘルメット
X-Fourteen】をインプレッションしていきたいと思います。

IMG_1851.JPG

僕はヘルメットを購入する時に
だいぶ迷いました。
国内製品から海外製品まで
何種類ものヘルメットをかぶりました。

バイク用品店をハシゴして店員さんにも
おススメを聞きました!

皆さん口を揃えたかのように
『隼に乗るならX-Fourteen』

空力性能
ベンチレーション
安全面
などすべてをトータルしても
現時点でX-Fourteenを超えるヘルメットは無い。
と言っても過言ではないでしょうか。

良い点を補足を入れながら箇条書きにしていきます

・風切り音が気にならない
・高速走行中でもブレない
⇒僕が感じたのはシールド側は丸みが強く、
 後頭部にかけて丸みが弱くなっていき
 風を流すような設計になっていくからではないでしょうか。
 更に顎の部分が尖っているため風を正面から受けても
 ブレにくくなっているのではないでしょうか。


IMG_2733.JPG

別角度からです!わかりずらいですかね(;´・ω・)

次!!

・視界がとにかく広い
⇒隼はどうしても前傾になってしまいがちなバイクです。
 強い前傾姿勢をとると顎を引き、目線は上を向きます。
 その際にどうしても視界にヘルメットの枠が
 入ってしまいがちになるのですがほぼ入らず、
 ストレスを感じません。
 サイドにも広いので、車線変更であったり進路変更の
 際にもあまり目線を外さずに死角をカバーできます。
 自己の安全マージンが確保しやすいです。

・涼しい
⇒ベンチレーションがとにかく素晴らしい。
 額はもちろんの事『チークベントシステム』というものが
 採用されており、顎から入った空気が
 直接、頬に送風されてとても涼しいです。
 夏場乗り回しましたが走行中は汗を
 かいた記憶がございません。
 止まったり渋滞にハマったときは
 どうしようもないですが(笑)

悪い点

・コスパが悪い
・アクションカメラのマウント方法が難しい
⇒マウント方法としては『顎マウント』と呼ばれる
 方法が好ましいのですがX-Fourteen場合、
 頬から首にかけての丸みが強いので
 どうしても土台が斜めになってしまうため
 マウント用のアームや関節を買い足す必要があります。

以上、ざっくり書きましたが
なんとなくイメージは掴めたでしょうか。

参考になれば幸いでございます( ˘ω˘ )

ではでは(^^)
 

この記事へのコメント