0コメント

【店長ライフ】プロローグ

どうも僕です。


新シリーズ【店長ライフ】を始めていきたいと思い
この記事の執筆に至った所存であります。

なぜ始めようかと思ったのか説明致します。

ちなみに店長の許可は取っておりません(笑)

はじめに、

Q,店長とは誰や?
A,僕の先輩であり僕の数少ない友人?的ポジション

Q,なぜ店長?
A,彼の職業が店長だからです。

Q,店長の趣味は?
A,NBAとお洒落なTシャツを部屋にお洒落に飾る。

Q,バイクは何乗ってるの?
A,KAWASAKI Z1000 R Edition(予定)

写真はこちら

img_01-01.jpg

早速本題です。

店長は運転免許証を持っていません。
一緒にでかける時は僕が車を運転します。
まぁ僕は後輩なんで僕の中では当たり前です。

僕が『大型二輪の免許取るんじゃ!』となり、
Ninja650に乗っている後輩ちゃんも
『ワイも大型二輪とるんじゃぁ!』(当時は免許は持っていなかったです)となり、

僕の周りは一気にバイクブームになったのです。


そこから先輩達にも火が付いたのか、
皆さん新車を買い始めたのです。


そのブームに乗り遅れたのが今回の主人公店長であります。

店長は幼い頃からずっと『武装戦線』になりたい。(←適当)
と思っていたらしくバイクもKAWASAKI Z250に強い憧れがありました。

だから免許を取るとしたら普通二輪免許でいいっとおっしゃっていました。

でもバイク乗ったらわかると思いますが、
必ずもっと大きいバイクに乗りたい。となるので
普通二輪免許じゃお金がもったいないから
大型二輪免許を取っておけば限定がないから追々お金が浮く。と
僕と師匠の説得により今回大型二輪免許の取得に踏み切ったのです。

※それが夏の出来事

もちろん店長にバイクの知識は全く無くて、
大型二輪の魅力を語っても店長は武装戦線になりたいので
頑なに乗りたいバイクはZ250の一択でした。

大型二輪の魅力を伝える為に、
MT-10乗りの師匠がHarley-Davidsonでタンデムして
峠を攻めました。
僕は当時、初の峠だったので頑張りましたが
タンデム状態のHarley-Davidsonの足元にも
及ばずにひとりで走っていました。


店長なり自分で調べて知識もついて
大型二輪の魅力を理解してきて、
KAWASAKI Z1000 R Editionに乗る決断をしたのであります。

※それが夏のできごと

まぁ月日は流れに流れて今は11月。

いつ教習所に通うのか未だに見当がつきません

この先どうなっていくのやら・・・


続く・・・

この記事へのコメント