0コメント

【 X-Fourteen 顎マウント】悩んだ末に完成しました

どうも僕です。

この記事はマウントに興味ある方向けに
なっていますので、細かい説明は除かせて頂きますm(_ _)m

ついにX-Fourteen 顎マウントが完成しました

X-Fourteenの形状は顎マウントを組むには
僕的に不向きな形状になっていると思います。

空力性能を重視しているために
形状が全体的に丸みを帯びています。
更に正面にある顎の部分は風を流すために
尖っています。

なのでカメラを設置しても
丸みのせいで傾きが生じてしまいます。

そこで関節がボール状になっているパーツの
購入も考えていました。

ボール状になっていれば前後左右+斜めと
自由に動かせるので角度の微調整ができるのです。

例えるなら
アームタイプ→肘関節の可動域
ボールタイプ→手首関節の可動域

でもこれまたお高いのです。

今現在でアマゾンで¥3700とあります。
これはGoProの純正部品です。
サードパーティー製の安いやつを購入しましたが
まるで使い物にならずに即ごみ箱行きでした(笑)

あまりお金はかけたくないので
完成したのがこちらです。

IMG_3193.JPG

かかった費用は¥96です。

もともとアクションカメラに付属されていたパーツが
豊富にありましたので関節を固定するネジだけ
ホームセンターで買い足しました。

付属されているものだとネジに取っ手がついていますので
これだけパーツを密集させるとどうしても干渉して
可動域が限られてしまいます。

これならスッキリして見た目も悪くないですよね!

きっとX-Fourteenに顎マウント組みたいけど
どうしていいかわからないっていう方がいるはずです。

興味ありましたら解説動画の作成も考えます。


近々モトブログも始めようか
考えちゃいますね( ˘ω˘ )

ではでは(^^)/

この記事へのコメント